CATEGORY

病気について

  • 2022年6月19日
  • 2022年6月19日

2ヶ月ぶりの定期検査と誕プレ

  2ヶ月ぶりの定期検査と誕プレ 非結核性抗酸菌症の治療の ため 抗菌薬を飲み始めて 半年が経ちました クラリスロマイシン、 リファンピシン 、 エブトール これら3剤を飲むことにより 肝臓や腎臓の数値が上がってしまったり 眼への副作用、 他に服用している薬との相性もあるので 定期的にチェ […]

  • 2022年5月7日
  • 2022年5月25日

上気道と下気道

風薫る5月になりましたね やっと、強く症状のでていた花粉症からも解放され 穏やかに過ごせるようになりました 先日、呼吸器科に行ってきました その際、この非結核性抗酸菌症の患者さんと 副鼻腔炎との因果関係はあるのかどうかを聞いてみました  上気道(鼻副鼻腔)と下気道(気管・気管支、肺)は, 解剖、組織 […]

  • 2022年2月19日
  • 2022年2月19日

投薬の問題点

【adcode】 投薬の問題点 去年、2021年12月の始めより 私の非結核性抗酸菌症の治療の為の投薬が始まりました 以下は 『非結核性抗酸菌症の薬と副作用』 結核予防複十字病院、臨床研究アドバイザー、結核研究所顧問   倉島篤行氏  より参考引用 リファンプシン 、クラリスロマイシン、エタンブトー […]

  • 2021年12月18日
  • 2021年12月21日

私の病院

私の通う病院  前回、3種類のお薬を長期にわたり 飲むことになったお話しました。 今日で薬を飲み始めて2週間 今のところ、初日に 肺がチクチクと僅かに   数回痛みがあったことと 2日目には胃がチクチク痛かったのですが これもそんなに長く痛むこともなく それ以降はとても快適に過ごしております 長期的 […]

  • 2021年12月11日
  • 2021年12月19日

投薬のはじまり

投薬のはじまり 12月の診察で これまで肺の病巣を経過観察してみて  その病巣の状態、年齢、血痰の頻度などから 投薬した方が良いと思う と 先生がおっしゃいました 非結核性抗酸菌症(ntm) 肺MACのお薬は 3剤(エサンブトール、リファンピシン、クラリスロマイシン)による投薬治療 これが標準の […]

  • 2021年11月27日
  • 2021年11月27日

症状のこと  私の今

  この病気を知ったとき 既に咳や 寝汗など 出始めていた 私。   今も咳はありますか? と言われると 咳も寝汗も ありません でも 今は前には                  なかった症状が出てます   毎日ではないのですが ソファーなど平坦なところに 仰向けに寝ると 痰が […]

  • 2021年11月16日
  • 2021年11月16日

非結核性抗酸菌症とは

非結核性抗酸菌症とは、結核菌以外の抗酸菌によって生じる病気のことです。非結核性抗酸菌症の原因となるものとしては、Mycobacterium avium-intracellular(MAC症)とMycobacterium Kansasii症の発症が多く、これらが大半を占めています。非結核性抗酸菌症では […]

  • 2021年10月30日
  • 2021年11月25日

非結核性抗酸菌症になりやすい人とは?なってしまったらこの病気の情報を知るためにどうしたら良いか?

前回、この病気の原因菌が どのようなところに いるのか 複十字病院さんのサイトより抜粋したのを見て貰いましたが もう1度 ここに貼っておきます↓ 複十字病院臨床研究アドバイザー 倉島篤行氏の [増加している非結核性抗酸菌症 思いも書けない肺非結核性抗酸菌症 ハイリスク環境より] MAC菌は家庭環境中 […]

  • 2021年10月23日
  • 2021年11月25日

非結核性抗酸菌症に罹らないために

非結核性抗酸菌症に罹らないためにどうしたらのいのか 今日はこの病気に罹らないために どこに注意したら良いのか考えてみます。 非結核性抗酸菌は自然環境中の水系、土壌中、家畜などの動物、水道・貯水槽などの給水システムなどに生息しており、菌を含む埃や水滴を吸入することにより感染すると推定されています 私は […]

  • 2021年10月16日
  • 2021年11月29日

非結核性抗酸菌症の治療法

前回、今すぐ薬を飲んでもよいが 更年期の諸症状があり 辛そうなので 投薬は暫く様子見となりました ことを書きました 薬には副作用がでることも多いそうで これ以上の体調悪化は 良くないと判断されました 非結核性抗酸菌症は治療が 確立されておらず 抗結核薬を含めた3~4種の 薬を用います または 可能な […]